1111

もっと介護の勉強がしたい
介護職のまだ見ぬ世界を見てみたい

3

住宅型有料老人ホーム『グッドライフ』の副所長として勤務している栗原さん。
管理者として職場をまとめる役割を担う一方、現役の介護福祉士でもある。

『仕事の幅はとても広いです。
身体介助やお部屋の掃除、ご利用者様のご家族や外部機関とのやりとり等、やることは多いです。

訪問介護もやっていますし、私自身介護職員としてもまだまだ現役です。

特に副所長として職場をまとめることは何より大変です。
日々、これでいいんだろうかと模索しながらチャレンジしているところです。

スタッフにはひとりひとり個性があります。
そして異なった考えがあります。
そのような職場において一番気をつけているのは私自身が見本となるよう振る舞えているかということ。
私が発する言葉や行動を客観的に見たときに、自分が下の立場だったらどう思うだろうか?
それが私の行動基準となっています。

スタッフに信頼し続けてもらえるように、着実に丁寧に進んで行きたいと思っています。』

3Kなんてどうでも良くなるくらい
得られるものがある

2

『大学の学部は福祉とは関係なかったのですが、ボランティアサークルに入っていて、そこで特養に伺ったのが介護職との出会いです。
そこで働く職員さんたちを見て、これだと思いました。
自分が介護の世界で働いているイメージが湧いたんです。

それがきっかけで大学卒業後に専門学校に行き、介護の勉強をしました。
広島で5年間、介護福祉士として勤務したのち、家の事情で実家のある出雲市にUターンしました。
ちょうど住宅型有料老人ホーム『グッドライフ』が開業するタイミングだったこともあり、開設スタッフとして採用してもらいました。

やりがいや続ける動機についてよく聞かれるのですが、とにかく”利用者さんと話していて楽しい”んです。
仕事なのにいいのかな?と思うくらい楽しいです。
日常会話の中で、利用者さんのお困りごとが見つかり、解決したり、利用者さんからも”ありがとう、あんたのおかげだよ”と言ってもらえることは本当に嬉しいです。』

充実、やりがいに溢れる日々。
しかし、業種により形は色々であるが、この仕事を続けているとその時はやってくる。
利用者さんとの別れだ。

『日頃から親しく接していただいている利用者さんがいらっしゃいました。
ある時からだんだんと衰弱していって、老衰でお亡くなりになられました。
会社から”ちょっと危ないかも”という電話がありました。
私は休みの日でしたが、すぐに駆けつけ看取りに立ち会えました。
最後まで、”くりちゃん、くりちゃん”と手を握ってくれて。

利用者さんとの日々はかけがえのないものです。
できるかぎりのことをしてあげたいし、利用者さんの願いを叶えてあげたいと思っています。

介護職はまだまだ3Kという負のイメージが先行していますが、実際に働いてみるとそんなのどうでもよくなります。
それを超える程の、大切な何かに気づくからです。 』

■関連リンク

株式会社コスモス